Twitterで話題の人気ツイートランキング、トレンドまとめ
618RT1334LIKE
仁藤夢乃  Yumeno Nito
仁藤夢乃 Yumeno Nito(@colabo_yumeno)

》若者は選挙に行かない、声を上げない、と大人は言う。しかし、コロナ禍で貧困が広がる中、帰る家もなく夜の街に漂う10代の少女たちを支えてきた仁藤さんはむしろ、大人たちに問いかける。「大人は声を上げていますか。声を上げている人を支えていますか」 #選挙に行こう

ツイートを見る
仁藤夢乃  Yumeno Nito
仁藤夢乃 Yumeno Nito(@colabo_yumeno)
@colabo_official代表/10代女性向けシェルター・シェアハウス #バスカフェ #TsubomiCafe 運営/ #私たちは買われた展/虐待/性暴力/性搾取/TBS『サンデーモーニング』コメンテーター/明治学院大学国際平和研究所研究員/著書https://t.co/uUyy4FU281 問合せ・ご支援はHPから👇

ユーザーの反応

いつか もうすぐ
いつか もうすぐ(@MdJbvgy)

そして先ずは真摯に反省することです

Liberte Egalite Fraternite
Liberte Egalite Fraternite(@21022neco)

新しい風は吹き始めています。 #投票現場からは以上です

金魚丸
金魚丸(@DRB1188nddMDGOI)

世界的な流れで、冷戦のようなことが起こらないとこれは止まらんのよ。 世界のシステムが貧富の差を生む構造になっているから政治家変えようが、福祉にいくらカネ使おうが穴の開いてるバケツに水を注ぐようなもんなんだよな。

ty35090
ty35090(@ty35090)

貴方の応援した今回は落選の候補者が明日からまた頑張ろうと思う糧になる 他の人がその候補者を見直す 一番の効用はあなたが応援したくない利権、金目当ての汚ない候補者の脅威になる 投票しないのはあなたが臆病なだけ 負け犬になりたくない。と思って棄権 それがこそ負け犬

ミクラ
ミクラ(@T2S4oydwPCCOGjO)

本当に同じ意見です。今の私達の様な大人達が現在の社会を作ってしまったと思います。

村上雅彦
村上雅彦(@j719k81U2KQxAKJ)

選挙に行かない人は政治や給付金など色々な事に対して意見を述べる権利を失っていますね。

仁藤夢乃  Yumeno Nito
仁藤夢乃 Yumeno Nito(@colabo_yumeno)

》若者に貧困がどれほど広がっているのか、政治家の方々には見えていないと感じます。コロナで、寄せられる相談は2・5倍に増。虐待や生活困窮のリスクが増したためです。コロナ前は、帰る家もなく、夜の街にいるしかない10代の少女たちや、「助けて」と言えない少女たちを支える活動をしてきました。

1247RT3404LIKE
鈴木傾城
鈴木傾城(@keiseisuzuki)

多文化共生……。 日本人は一体いつまで、そんな「めくらまし」に騙されているのか? 今、多文化共生の疑問や反対の声を上げておかないと手遅れになる。だから、私は声を上げている。多文化共生に疑問を持つ人は、まだ引き返せる今こそ「反対だ」と声を上げてほしい。状況はますます厳しくなる。

多文化共生……。
日本人は一体いつまで、そんな「めくらまし」に騙されているのか? 今、多文化共生の疑問や反対の声を上げておかないと手遅れになる。だから、私は声を上げている。多文化共生に疑問を持つ人は、まだ引き返せる今こそ「反対だ」と声を上げてほしい。状況はますます厳しくなる。
詳しくはこちら
4372RT15778LIKE
ほんこん
ほんこん(@hong2010kong)

おはよう御座います。 朝からすいません 疑問 東京オリパラ 女性蔑視と言うのなら 北京冬季五輪は来年 ウイグル人権問題にも 声を上げるんでしょうか? 騒いでる方々 是非お声を上げてください 拉致問題に対しても お声を上げているのでしょうか?

おはよう御座います。

朝からすいません

疑問
東京オリパラ
女性蔑視と言うのなら
北京冬季五輪は来年
ウイグル人権問題にも
声を上げるんでしょうか?
騒いでる方々
是非お声を上げてください
拉致問題に対しても
お声を上げているのでしょうか?
詳しくはこちら
2895RT8453LIKE
さかいとしゆき (Sakai Toshiyuki)
さかいとしゆき (Sakai Toshiyuki)(@SakaiToshiyuki0)

何度も繰り返しますが、いま声を上げなければいけない理由は、誰も声を上げられない日が来てからでは遅過ぎるからです…

何度も繰り返しますが、いま声を上げなければいけない理由は、誰も声を上げられない日が来てからでは遅過ぎるからです…
詳しくはこちら